Ultra Bar Tokyo ウルトラバー

美味しくお酒を楽しむバー。Eat, Chat and Drink in the deep Tokyo.

お酒は楽しく

スペインのリオハの赤ワイン、アルトス・イベリコス・クリアンサ

投稿日:2019年1月22日 更新日:

こんにちは、Ultra Bar のKeiko です。

「スペインのリオハのワインは、すごく有名。しかもフルボディ濃くておいしい」
とおススメされて、何本か物色してみた結果、この銘柄を仕入れました。

アルトス・イベリコス・クリアンサ

アルトス・イベリコス・クリアンサ。生産者はスペイン・リオはのトーレス。

エノテカでも販売されてます。

140年以上の歴史を持つワイナリー、トーレスが銘醸地リオハで造るフラッグシップ。「これぞスペインワイン!」とも言える凝縮感とスパイシーな味わい。ブドウの品種はテンプラニーリョ。5段階の4というフルボディな濃厚赤ワインです。

どんな料理にも合わせやすくどんなシーンでも気軽に楽しめるチャーミングなワイン🍷

少しイタリアから浮気して、こちらスペインの赤をハウスワインとして提供してみようかと思います。ぜひご感想お聞かせください。

-お酒は楽しく
-, , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

JapaneseRum

クリアラム・ナインリーブス Nine Leaves – Japanese Rum

最近ウルトラバーに入れた日本製ラム・ナインリーブスの御紹介です。ソーダなどで割るとハーブ等の香りと爽やかさが増して、夏向きカクテルになる、見た目の通りスッキリしたクリアラムです。暑い夏に、雪の八甲田の樹氷を思い出しながら爽やかなクリアラム・ソーダを頂く。。想像しただけで夏が楽しみ!なラムです。

white wine

シャブリChablis と ガヴィGavi

こんにちは。ウルトラバーのKeikoです。一杯目はビールか白ワイン、人数がいればスパークリングもいいね、そんな季節になってきました。ウルトラバーの基本白ワインは、フランスのシャブリ、イタリアのガヴィをご用意しています。どちらもクリスピーな辛口で、大人の方々向けのテイストです。 白ワインはシャブリとガヴィをおいてます。 Gavi ガヴィはイタリアのピエモンテ州のワインで、1998年にDOCGに昇格しました。糖分と酸のバランスに優れたコルテーゼ(CORTESE)種のブドウのみ使用することでガヴィと名乗れます。コルテーゼの生育する条件は、冷涼地で石灰質が主体の土壌なため、シャブリのような繊細で爽快な酸味で後味もすっきり、柑橘系のアロマがのった辛口の白ワインです。単体で飲んでも良いですし、食事にも合わせやすく、チーズや軽いおつまみと頂いても相性抜群です。色々な種類のチーズを用意してお待ちしております。 Related

Irish whisky

Obon week in Japan お盆にはアイリッシュ・ウイスキー

友人Kayoちゃんがとても美味しいウイスキーを持ってインポーターの方とともにやって来ました。とても美味で居合わせたお客様が次々とご購入!写真と感想、少々お待ちください(笑)。Enslish follows. 今日8月13日火曜日の営業は、少し遅め、8時半ごろスタート予定です。

cassis tonic

令和最初の日 First days in Reiwa

令和の最初の1日、2日バーあけてます。新橋界隈はサラリーマンの姿がほとんどなく、観光客の姿が多く、閑散としているなか、Ultra バーはマッタリとあいてます。The Ultra Bar opens on the first 2 days of Reiwa-era, on May, 1 and 2, from 19 thru midnight.

Goose IPA

IPA ビール、あります

こんにちは。Ultra Bar Keiko です。急に暑くなってきて、まずはビール、な日々の到来です。ウルトラバーのビールは、大きく分けて3種類ご用意があります。 IPAビール (India Pale Ale) ハートランド(軽いスッキリ系) ベルギービール「ヒューガルデン(Hoegaarden)」コリアンダーとオレンジピールを使用した風味が特徴的 Goose IPA シリーズ。それぞれ味が個性的です。 ヒュールガルデンもペールエール系で、ペールエールはイギリスで定番のビール。18世紀、植民地のインドにいるイギリス人たちに送るために生まれたのが「インディア・ペールエール(IPA)」で、輸送中に腐ってしまわないよう、防腐剤代わりにホップを大量投入し、アルコール度数を高めたのがのはじまりと言われています。中程度かそれよりもやや高いアルコール度数をもち、液色は銅のような明るい琥珀色。ホップの風味が強くて苦味があり、麦芽のフレーバーを伴うものもあります。このように種類もフレーバーも豊富なIPAですが、ウルトラバーでの主流はグースアイランドです。 ハートランドとヒューガルデン 夏に向けてスッキリ爽やか系のビールを揃えてお待ちしています。オススメは、最初はビールとお食事系おつまみ、そしてワインに移行する。いかがでしょう?白も美味しい季節になってきましたので、次回のお酒談義は白ワインについての話題にしようと思います。  Related

Ultrabar Tokyo bar master Keiko

外資系サービス会社を脱サラしてバーでメンタルにリハビリ中の元バリキャリママのバー日記です。探求テーマは、シェアリングエコノミーとスマートシティ、AIによる人間社会の変貌、など。昔話はデジタルやバブルの頃の思い出。美味しく楽しいバーを目指して修行中のバーテンダー1.1。
Ultra Bar Master Keiko's blog. An ex-business woman, a home-cooking chef to bring the bar food next level to “Ultra dining-bar”.

メールアドレスをご記入ください。ブログ更新をメールで受信できます。
Subscribe blog update via email:

03-5545-5592
月〜木(Mon thru Thu) 6pm - 1am 土日(Sat&Sun) リクエスト次第 On request