Ultra Cafe & Bar ウルトラカフェバー Tokyo

美味しく楽しい時間を楽しむカフェ&バー。Eat, Chat, and Drink in the heart of Tokyo.

徒然 お料理の話 映画、音楽、スポーツや趣味の話題

湯を沸かすほどの熱い愛・スモークチーズ(1)

投稿日:2019年3月12日 更新日:

こんにちは、Ultra Bar Keiko です。木曜のお客様は、昔の職場の先輩上司のお二人。両氏はデジタルコンテンツの仕事仲間だった方々で、N氏はクリエイティブコンテンツを世に販売提供する会社の社長、そしてクリエイティブ人材・事業を世に輩出するエージェント、デジタルスケープのF氏です。

スモークチーズ

F氏が大好きなスモークチーズ。オーブンで温めると最高のおつまみに

 

N氏は、なんと『湯を沸かすほどの熱い愛』(宮沢りえ主演)の監督・脚本の中野量太さんの身内の方。映画は第40回日本アカデミー賞で6部門受賞、そのほか世界の映画祭の賞を数多く受賞しています。作品は「家族とは何だろう」をテーマした中野量太監督自身の脚本による作品です。数多い映画評の中でも特に私のお気に入り評は高崎映画祭の最優秀作品賞の受賞理由。少し抜粋します。

「(前略)(本作は)平成の時代性を背負った家族の物語だ。意志を持って母となり家族を守らんとする主人公を軸に、それぞれの登場人物の人生も丹念に追っている。群像劇としての厚みも忘れず、時代の空気感、その中で育ち生きる人の手触りを捉え、観客を物語に引き込んでいく手腕に優れていた。悲喜こもごもの人生を愛と笑いで包み込んだ意欲作に、賞賛の声が集まった。。(後略)」

世の中ダイバーシティ化が進むと『市井の人々の生活を描いた優れた娯楽映画』を作ることは難しくなっていくと思います。何が普通なのか?が誰にもわからない。つまり、本作品にしても主人公の家族が典型的な平成の家族像か?といえば決してそうではないのです。そんな設定の難しさをすっ飛びに越えて、宮沢りえ演じる『お母ちゃん』は、末期がんで亡くなるまでの間ずっと、家族に、そして観客にも元気を与えてくれます。号泣必至です。

銭湯を舞台として選択した理由について、銭湯好きな中野監督は理由をこんな風に話しています。

「知らない人同士が1つの湯船に入って、繋がって、しゃべったり、コミュニケーションをとったり。そういう人と人のコミュニケーションの場として面白い」(Wikiより)

バーも同様で、相席になった時に見知らぬ同士やグループが、同じ小さなバーの中で、お互いを知ろうと話しかけたりコミュケーションをとろうとする。カウンターの後ろから眺めていると、一期一会でも人と繋がりたい、そんな気の流れを感じます。

中野量太監督の次の作品は、5月31日公開の「長いお別れ」。認知症でゆっくり記憶を失っていく父親とお別れまでの7年間の家族の愛の物語です。中野監督が捉える現代性、そして笑いをとるユーモアのセンスが好きなので大きく期待します。あらすじを聞いてトレイラーを見るだけで泣けてきます。必ず見に行きます。

バーですごす時間は光のようにあっという間に過ぎ去り終電が気になりだします。映画の話を熱く語ったらブログも長くなってしまったので、本日の写真、この話の続き、デジタルスケープのF氏に頂いたスモークチーズのお土産の話はまた明日改めて。

-徒然, お料理の話, 映画、音楽、スポーツや趣味の話題
-, ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

creamy, Indian, curry

バターチキンの日 Creamy Butter Chicken

今日はHさんのリクエストで、バターチキンを作りました。ヨーグルト漬けしたチキンに焦げ目をつける、ホールトマトをブチュブチュ潰して煮込む、フードプロセッサーでカシューナッツをグラインドして滑らかにしてからトマトに混ぜる、・・というなかなかの熱量高い工程を経て、調理終了。キッチンはThe War、インド遠征から帰ってきた戦いの痕残る状態でした(汗)。が、その甲斐あって、美味しいバターチキンの出来上がり。とろっとクリーミィな本格派です。トマトの酸味と生クリーム、バターがきいていて、ついブログで自慢したいほどの出来映えです。本日火曜日、明日水曜日のお客様限定で提供予定です。

中野量太監督の最新作「長いお別れ」は、今風の家族をテーマにした作品

こんにちは。Ultra Bar の Keiko です。以前、N氏がお越し頂いたときのブログでN氏の身内でらっしゃる中野量太監督の「湯を沸かす程の熱い愛」をご紹介しました。その中野量太監督の5月31日封切りの最新作「長いお別れ」を観てきました。

Dal curry, カレー, semi-dried curry, tomato curry

籠り生活で充実するホームキッチン Cocooning Life in Rhythm

こんにちは。自己隔離 self-isolation する「籠り生活」は割と得意な自分は Cocooning Life をエンジョイすることにしました。今日はカレーを作りました。インド風スパイスを入れたトマト豆カレー、手作りのリンゴチャツネ添え。作り方と特徴など詳しくはブログで。

Cucumber salad with sesame and seaweed

本日のおつまみ Menu of the day from home kitchen

自粛期間中せっせとメニュー開発してかなりレパートリー増えました(笑)。免疫システムに注力して特にスーパーフードを使ったメニューに注力、今日はスーパー健康お食事メニューをご用意します。どっさりゴマ入り、ワカメと昆布で味つけしてラー油を効かせたきゅうりのサラダ、暑い日にぴったり!美味しく食べられてお酒もすすみます。そしてキヌアおいなりさん。キヌアと玄米が入っている健康おいなりさん。これが結構イケるんです。暑くなってきたので、フムス、プチトマトも一緒に、ビールまたは白ワインがおすすめですがシャンパンかスッキリした味の赤ワインに氷をぽちゃん、も良いかもしれません。セット料金お一人様2,500円に、お好きな一品とカラオケホーダイ、ついてきます。19時から開けてます。

white wine

シャブリChablis と ガヴィGavi

こんにちは。ウルトラバーのKeikoです。一杯目はビールか白ワイン、人数がいればスパークリングもいいね、そんな季節になってきました。ウルトラバーの基本白ワインは、フランスのシャブリ、イタリアのガヴィをご用意しています。どちらもクリスピーな辛口で、大人の方々向けのテイストです。 白ワインはシャブリとガヴィをおいてます。 Gavi ガヴィはイタリアのピエモンテ州のワインで、1998年にDOCGに昇格しました。糖分と酸のバランスに優れたコルテーゼ(CORTESE)種のブドウのみ使用することでガヴィと名乗れます。コルテーゼの生育する条件は、冷涼地で石灰質が主体の土壌なため、シャブリのような繊細で爽快な酸味で後味もすっきり、柑橘系のアロマがのった辛口の白ワインです。単体で飲んでも良いですし、食事にも合わせやすく、チーズや軽いおつまみと頂いても相性抜群です。色々な種類のチーズを用意してお待ちしております。 Related

Ultra cafe-bar Tokyo, KeiK

元バリキャリ、マダムKeiKのカフェバー日記です。探求テーマは、地球を気候変動から救うための方法論、シェアリングエコノミーやスマートシティ、AIとの共生未来とバブルの思い出話も時々。美味しく楽しい時間を過ごしなが寝落ちできるカフェ・バー・ラウンジを目指して試行錯誤中。
Ultra Cafe Bar's Master Keiko's blog. Environmental activist, ex-business woman, a home-cooking madam to bring the bar snack to the next level at “Ultra dining-cafe-bar”.